東京都内のリアル体験型脱出ゲームまとめ

みなさん、リアル体験型脱出系ゲームはご存知でしょうか?

基本的には、密室に閉じ込められて謎解きするゲームです。

色々な形式があり、数名1チームで謎を解くものからソロで参加ができるもの、水族館やショッピングモールなどで実施されるイベントまで結構幅が広く、今では常設店舗を持つお店さんもあるくらいです。

リアル脱出系ゲームは室内でのイベントが多いので雨でもおすすめです。

【新宿】超密室 リアル体験型脱出ゲーム

201641421_1461734493_765916

こちらは新宿にある脱出ゲーム。

上海系と呼ばれる、難解な謎解きよりも部屋に隠された仕掛けが多く、堅苦しくなく気軽に楽しめるイベントが多くあります。

牢屋からの脱出ゲームや、スパイ映画気分になれるレーザートラップなどがあります。

<店舗情報>
住所 :東京都新宿区歌舞伎町2-14-12 光凛ビルB2
アクセス :副都心線、都営大江戸線「東新宿駅」A1出口より徒歩3分/西武新宿線
「西武新宿駅より徒歩7分/JR「新宿駅」より徒歩13分
電話 :03-6380-2240
営業時間 :12:00~0:00(不定休)※完全予約制となります。
URL :https://weekle.jp/shop/detail/20

【池袋】絶対空間 リアル密室脱出ゲーム

20150309142636

池袋発の脱出ゲーム。店舗も常設で多くの店舗があります。

脳を振り絞るクロスワードなどの要素は少なく、上海で流行っているギミック満載の脱出ゲームなのでカラダを動かす事が多く、脳にも優しくなっています。

<店舗情報>
本館住所  :東京都豊島区南池袋3丁目18-30ファースト日野ビル4F
2号館   :東京都豊島区南池袋2-33-6 大同ビル 5F
3号館   :東京都豊島区南池袋2-33-6 大同ビル 4F
4号館   :東京都豊島区南池袋3丁目18-30ファースト日野ビル5F
アクセス  :西武池袋/JR山手線 徒歩7分
電話    :03-5944-8840
営業時間  :10:00〜22:00
URL    :https://weekle.jp/shop/detail/41

【自由が丘】なぞとも

bnr_nazotomocafe

2016年9月2日オープンしたばかりのリアル脱出ゲーム「自由が丘スイーツフォレスト」と

同じビルにありテーマや難易度が異なる7つに分けられた個室「CUBE」とカフェスペースで

お店が構成されています。味を当てる「謎スイーツ」なる名物があります。気になる…

<店舗情報>
住所 :東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘 2F
アクセス :東急東横線/大井町線 自由が丘駅徒歩4分
電話 :03-5726-9516
営業時間 :[平日]15:00〜21:00/[土日祝]11:00〜21:00(定休日 月曜日)
URL :http://nazotomo.com/

【原宿】ネコ国大統領からの挑戦状

1477629465

原宿ネスカフェで開催されるネコ助けの猫祭り「ネコ市ネコ座」内にて

仕掛けられた謎を解決することがテーマになる脱出ゲームです。

ニャンコづくしのリアル脱出ゲームはネコ好きにはたまらないですね。

<イベント情報>
開催日時 :2016/11/5(土) ~ 2016/11/11(金)
受付時間 :11:00~20:00
参加費 :謎解き参加は無料※別途入場料やメニューのオーダー必要な場合があります
住所 :原宿ネスカフェ 東京都渋谷区神宮前1-22-8
アクセス :JR山手線原宿駅 徒歩4分
URL :http://urx.red/zod3

【大森】夜の漂流水族館脱出

ogp

NAZONAZO劇団が「しながわ水族館」で主催するクエスト。

一風変わった漂流水族館で捕獲されたばかりの黄金に輝くイルカのお披露目ショーの予定が

数々の災厄に巻き込まれ、会場の水族館にみんな閉じ込められてしまった。

そのため、夜の水族館を部隊に制限時間内に探索〜謎解きまでをこなし、物語の結末を知ることが

ミッションとなる大掛かりなワクワクしっぱなしの脱出ゲームです。

<イベント情報>
開催日時 :2016/11/5(土)~2016/11/13(日)
※追加公演2016/11/19(土)〜2016/11/20(日)
受付時間 :17:30~20:00
参加費 :チケット前売り一般¥3,000、前売り学生¥2,300、当日券¥3,500
住所 :品川水族館 〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1
アクセス :京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分、JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分
URL :http://nazoxnazo.com/hyouryu/

【下北】ジャクシー国を救え!

Jakushi_de_ver1

メガネ派とコンタクト派の国民が対立する不毛な争いをしているジャクシー国

コンタクト派の家に生まれたコンタの従者としてゲームに参加

摩訶不思議なストーリーに2つの派閥の争いを終わらせるミッションをクリアできるのか

考えただけでも楽しそうな内容です。特にコンタクト派には。

<イベント情報>
開催日時 :2016/11/2(水)20:00~
2016/11/3(木)11:00/14:00/16:30/19:30
※会場は15分前となります。
参加費  :チケット前売り一般¥2,800、当日券¥3,300
住所   :EVENT CAFEスイッチ 東京都 世田谷区北沢2-15-15 2F
TEL   :03-6453-1880
アクセス :京王井の頭線 もしくは 小田急小田原線 / 下北沢駅南口より徒歩3分
URL :http://eventcafe-switch.jp/event_description.html?event_id=114

ブラインドレストラン『暗闇ごはん』が11月13日に開催

話題のブラインドレストラン「暗闇ごはん」が11月13日開催

視覚をシャットダウンし暗闇で食事をする。

味覚・視覚・触覚・嗅覚・聴覚の一部を制限し、残された五感をフル稼働し食を体験する。

今までの経験が、研ぎ澄まされた感覚の中で新たな経験として発見できるかもしれない。

そんなブラインドレストランが東京都墨田区のフラムドールで「暗闇ごはん」として11月13日に開催される。

講師は青江覚峰(あおえ・かくほう)さん。浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職で、ブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。

参加費   :3,500円
対象    :小学校高学年以上(18歳未満は保護者同伴)
定員    :40名
お問い合わせ:03-6252-6031
事務局   :「いただきますの日」普及推進委員会(事務局・株式会社共同通信社)
URL    :http://itadakimasu1111.jp/?p=2628
※既に定員となっております。

最恐の人狼型ダークファンタジー!阿佐ヶ谷アニメストリートにオープン

ゾンビキャンプで有名なオバケンがOBAKEN GAMESとして

2016年11月11日(金)に阿佐ヶ谷アニメストリートに

人狼型ゲーム店舗『DARK GAME』(ダークゲーム)をオープンします。

ラブクラフトやオーガスト・ダーレス等によって作り上げられたクトゥルフ神話を

人狼ゲームのベースにおいたストーリー設定と、かなり緻密に作り込まれています。

美術、音楽、衣装などこだわりの世界観で演出がなされる密室で、全く新しい人狼ゲームが

展開される事を期待しちゃいます。

<ゲームコンセプト>

追憶の部屋と呼ばれる場所に集まった人々が、悲しい歴史を見つめてきた。この部屋で

実際に物語の中の一員となって、ゲームを行います。人の闇をのぞく禁断の体験、そしてファンタジー。

<ゲームシナリオ>

「エピソード:邪神降臨」 

 かつて、大きな戦争があった。対立し、憎み合う「白魔法」と「黒魔法」。

戦いは、白魔法陣営の勝利に終わる。だが、大切な者を奪われ、恨みの塊となった

一部黒魔導士は、復讐(ふくしゅう)を誓い、邪神「冥界のヴェイロン」召喚を狙う。

いち早く察知した白魔導士陣営は、刺客を送り込む。最後に勝利するのは果たして・・・

公式URL:http://www.obaken-darkgame.com/
料金  :1ゲーム 1,700円 ※予約の場合1,500円
店舗住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南2丁目40−1JR阿佐ヶ谷駅-高円寺駅間 高架下
営業時間:火曜から金曜:17:00-22:00 土曜日11:00-18:00 日曜11:00-23:00
定休日 :毎週月曜日

20世紀最大の謎を体験!3億円事件ツアー開催

タクシー・ハイヤーサービスを行う三和交通株式会社が

土曜日限定で11月12日から12月10日までの期間、『三億円事件ツアー』の運行を実施。

これまでに三和交通は『心霊スポット巡礼ツアー』など

ぶっ飛んだ企画を開催してきましたが、今回もやってくれました。

<ツアー案内>

戦後最大のミステリアスな事件と言われる「三億円事件」の秘密に三和交通のタクシーに乗りながら

迫ります。三億円事件の現場となった府中市。事件現場や車両が放置された場所を実際のルートを

辿りながらご案内致します。なぜあれだけの証拠がありながら犯人が見つからなかったのか。

三和交通が総力を上げて謎に迫ります。

<3億円事件について>

1968年12月10日午前9時頃、東京芝浦電気(東芝)従業員のボーナス現金約3億円を積んだ

日本信託銀行の現金輸送車が府中刑務所北側の路上で後を追ってきた白バイ警官に止められた。

白バイ警官は爆発物らしき物を発見したと、行員たちが車外へ出て避難すると、運転席に乗りこみ

そのまま走り去った。警視庁捜査において、容疑者リストは11万人と空前の大捜査となるも

75年12月10日に時効が成立し未解決事件とされる。

公式URL:http://www.sanwakoutsu.co.jp/special/vol_006.html
開催予定:11/12(土)・11/19(土)・11/26(土)・12/3(土)・12/10(土)
時間  :12時50分集合 / 13時00分出発 (※ツアー時間 約60分)
出発場所:国分寺駅
料金  :5,760円(運賃) + 1,240円(ガイド料) = 合計7,000円(税込)
備考  :予約については先着順とさせていただきます。
    :運行中の写真撮影はご遠慮ください。
    :料金は車1台分の金額となります。
    :内容についてはあくまで三和交通独自の見解となります。

【恋人たちに朗報】青の洞窟が渋谷で復活!その名も「青の洞窟 SHIBUYA」

2014年の冬に行われ好評となったイルミネーションイベント『Nakameguro青の洞窟』の

第二弾となるイルミネーションイベントが場所を変え渋谷でおこなわれます!

中目黒でのイベントは残念ながら休止になり、残念に思っていましたが

復活です!期間も長いのでカップルたちにとっては超朗報です。

クリスマスはめちゃくちゃ混みそうですね。

実施エリア:渋谷公園通り〜代々木公園ケヤキ並木 約750m
アクセス :渋谷駅・原宿駅・明治神宮前駅・代々木公園駅・代々木八幡駅
主催   :「青の洞窟 SHIBUYA」実行委員会
点灯期間 :2016年11月22日(火)〜2017年1月9日(月・祝)
点灯時間 :17:00~23:00
URL   :http://shibuya-aonodokutsu.jp/
特別協賛 :日清フーズ株式会社

※点灯時間は変更となる場合がございます。

行楽の秋到来!2016年10月の注目秋祭りイベント3選

10月に入りいよいよ気温も涼しくなり秋の気配を感じてきました。

夏に引き続き秋のイベントも盛り沢山なんです。どうしてかご存知ですか?

「行楽の秋」の所以は晴天が続き過ごしやすくお出かけにピッタリの季節からだと言われています。

また、東京オリンピックがきっかけで「体育の日」も10月10日の秋の季節に制定されています。

では有名所のイベントを見てみましょう。

第17回東京よさこい(ふくろ祭り)

よさこい

全国から100以上のチームが参加、元気な掛け声とともに踊りを披露する。

今年のふくろ祭りは9月24日(土)の前夜祭から始まり

9月の25日(日)地元の神輿13基のほか、近隣から大みこしが5基 集結するそうです。

10月8日(土)は踊りの祭典と言う事で

フラ・極真の空手演舞・江戸芸かっぽれ・佐渡おけさ・池袋やっさ・沖縄えいさ・東京音頭など音楽と

踊りが満載です。メイン会場では、豊島区との友好都市の物産展も開催され

豊島区長を先頭に警察、消防、各種団体、町会、商店街など地域全体を盛り上げます。

開催日時   :2016年10月8日(土)、10月9日(日)
最寄り駅   :池袋
公式サイト  :https://www.yosakoitokyo.gr.jp/
お問い合わせ :ふくろ祭り協議会
TEL      :03-3986-7933

川越まつり 2016

川越まつり

川越まつりは昼と夜の楽しみがあると言われており

昼は人形や彫刻、幕の刺繍など、それぞれ違う個性をもった山車が登場します。

手古舞姿に身を包んだ艶やかな小江戸小町や、山車を自在に操る鳶、曳き手の姿、まつり囃子なども

見せ場となります。

夜は提灯に明りがともり、昼間とは全く違う幻想的な姿の山車の様子が見れます。

囃子が入り乱れ、曳き方衆の提灯が乱舞する曳っかわせが、川越まつり最大のみどころとなります。

小江戸と言われていますが、中世で河越氏と江戸氏は同族とのことで川越→江戸と館を立て

支配していたようです。

川越の蔵造りの町並みなど、江戸の風情を残しているのもそのような関係があることを見るとおもしろいですね。

開催日時   :2016年10月15日(土)、16日(日)
最寄り駅   :西武新宿線 本川越
公式サイト  :http://www.kawagoematsuri.jp/index.html
お問い合わせ :川越市川越駅観光案内所
TEL      :049-222-5556

神楽坂まち飛びフェスタ 2016神楽坂まち飛びフェスタ 2016

神楽坂祭り

「神楽坂まち飛びフェスタ」は、1999年に開催された神楽坂全体をアートスペースにする企画

「まちに飛びだした美術館」に

神楽坂ゆかりの伝統芸能などのさまざまなイベントを加え発展してきたフェスティバルです。

18回目を迎える今年は、新たに『ギャルソンレース』を開催。

開催期間中は、今年も、伝統芸能から現代アートまで約70のイベントが開催されます。

ユニークなのが坂にお絵描きができる大イベントがあることです。

神楽坂の坂下から坂上まで700メートルにわたって敷かれた、1本の流れる川のような純白のロール紙を

キャンパスに見立ててお絵描きできる「坂にお絵描き」がワクワクします。

開催日時   :2016年10月15日(土)~11月3日(木・祝)
最寄り駅   :JR総武線 飯田橋駅
公式サイト  :http://machitobi.net/
お問い合わせ :info@machitobi.net

「行楽の秋」以外にも「芸術の秋」「食欲の秋」でもあるので

お出かけしてアートも屋台の食べ物も楽しんじゃいましょう!